妊娠したいと思ったら…

計画的に「そろそろ妊娠したいなぁ」と思ったら、いくつか気にかけておくとよいことがあります。

まず基礎体温ですが、これは排卵日を知る手がかりにもなりますが、毎日測ることで自分の体調をチェックしたり把握したりするのにも役立ちます。
基礎体温とは安静時(おもに起床時に床の中で)に口の中で測る体温です。
女性は月経周期に合わせて、基礎体温が低温期と高温期に分かれます。
月経から排卵までは低温期が続き、排卵日はさらにコトンと体温が下がります。
排卵日の翌日から高温期に入り、妊娠しなかった場合は予定月経の頃に体温が下がり、月経開始となります。
しかし妊娠した場合は、予定月経頃になっても高温期が続きます。
基礎体温は、妊娠中のトラブルを見つけるのにも役立ちますので、妊娠した場合でもつけ続けるとよいと思います。

次に妊娠前にチェックしておきたい病気に以下のようなものがあります。
●風疹…妊娠初期に感染すると、胎児に視力や聴力の異常や心臓疾患などの障害を起こす心配があります。
 妊娠前に抗体の有無を確認し、抗体がない場合はワクチン接種を受け、その後2ヶ月間は避妊するなどの対応をとります。
●貧血…妊娠すると血液の循環量が増え、貧血ぎみになります。
 もともと貧血の人は、妊娠するとさらにひどくなりますので、妊娠前から改善する努力をしましょう。
●子宮筋腫…子宮内に筋肉のこぶのようなものができる病気で、こぶの位置によって受精卵が着床しにくいことから、不妊や初期流産の原因になることがあります。
 月経痛がひどかったり、妊娠しにくいときは、病院で調べてもらうとよいかと思います。
●虫歯…妊娠中はホルモンバランスの変化やつわりの影響で、虫歯や歯周病が悪化することが多いです。
 またお腹が大きくなると、歯医者さんでの治療を受けるのも大変になってきますので、妊娠前に歯の病気は治しておきましょう。
●性感染症…梅毒や淋病、エイズなど、ママだけでなく赤ちゃんにも大きな影響を与える病気があります。
 妊娠前にパパと一緒に検査を受け、必要があれば治療しましょう。
●はしか…妊娠中の感染は、ごく初期に流産の心配があります。
 また、大人の感染は重症化しやすいため、妊娠前に感染の有無を調べておきましょう。

このほか基本的なことですが、食生活や睡眠、運動などに気を配り、安定した妊娠生活を送るために、健康的な生活習慣を心がけることが大切です。

商品説明:尿もれに、セックスライフに、妊娠中・産後に  尿もれ、膣のゆるみなど女性特有の悩みを解決! 骨盤底筋群とは、女性が必ず知っていなければならない、重要な役割を持った筋肉です。尿漏れ、膣のゆるみ、セックスライフ…、人に言えない女性の悩みを「ザ・骨盤底筋群」で解決して下さい。3分間エクササイズで骨盤底筋群を鍛えましょう。 骨盤底筋群とは? 骨盤底筋群とは骨盤の底にあり、ハンモックのように骨盤内の臓器、膀胱、膣、子宮、直腸などを下から支え、尿道や膣、肛門を締める役割を果たす重要な筋肉です。その尿道・産道となる腟・肛門が、妊娠中は大きくなった子宮を支え、出産時には産道となるため、大きなダメージ(痔や陰部の静脈瘤、子宮下垂、子宮脱など)を受けることになります。そして、非常に多い症状が、尿失禁と膣のゆるみです。分娩後の女性にアンケートをとると、約60%の方が「多少とも尿もれの経験がある」と答えています。加齢と
さらに詳しい情報はコチラ

★ 妊娠関連商品はこちら ★

妊娠1ヶ月(0〜3週)ママの体

「あれ、毎月ちゃんとくるはずの生理がこない。」
予定より1週間ほど生理が遅れて、自分で妊娠検査薬を使って検査をし、陽性反応が出て産婦人科を受診したとします。
そこでお医者さんから「妊娠5週です」と言われると、「えっ?妊娠してもう5週間経ってるの?」と驚く人も、中にはいるようです。
妊娠週数の数え方は、特に初めての妊娠で、初期の段階はわかりにくく感じるようです。

妊娠0週0日というのは、最終月経が始まった日、つまり妊娠0週は月経中ということになります。
月経が終わると、ママの体内では卵巣で卵子が育ち始め、子宮内膜が少しずつ厚くなり、妊娠が可能な環境になります。
月経28日周期の人では、最終月経開始から14日頃に排卵が起こります。
この前後に性交があり、パパの精子とママの卵子が出会い、受精すると受精卵が誕生します。
ママの卵管で誕生したこの受精卵は、その後、細胞分裂を繰り返しながら子宮へと移動します。
そして受精から約1週間後、子宮内膜に着床すると、妊娠が成立します。
妊娠週数でいうと、妊娠3週頃に妊娠した状態になるのです。

しかしこの頃のママには、はっきりとした妊娠の自覚症状はありません。
でも妊娠を継続させるために、女性ホルモンなどさまざまなホルモンが活発に分泌されるようになります。
このホルモン環境の変化により、ママの体にあらわれてくるサインもあります。
いらいらする、いつも眠く感じる、肌が荒れる、おりものが増える、乳房が張る、便秘がちになる、吐き気がする、などです。
感じ方はひとそれぞれ違うものですが、妊娠のサインとして知っておくとよいかと思います。

商品説明:プレママバリコスマッサージクリームは、ふくら脛や太ももの血行促進のためのマッサージクリームです。妊娠中は、静静脈血行が減少して足がむくみやすくなります。予防には過度の体重増加を避ける、適度な運動、就寝時に下肢を上げる、長時間の立位を避ける、弾力性ストッキングの着用、脚部のマッサージなどが効果的です。立ち仕事の方や、妊娠中の方に静静脈血行環流が減少して、足の疲れ・不快感を感じる方が見られます。それにはふくらはぎや太ももをマッサージして血行を促進することが大切です。販売名:プレママ ヴァリコスマッサージクリーム発売元:日本ランウェル株式会社製造元:日本ゼトック株式会社
さらに詳しい情報はコチラ

★ 妊娠関連商品はこちら ★

妊娠1ヶ月(0〜3週)赤ちゃんの様子

月経周期が28日のママの場合、卵管で受精卵が誕生するのは妊娠2週目頃になります。
受精卵が子宮までたどり着くのは、受精から3日後くらいです。
その間、受精卵は1個から2個、2個から4個、4個から8個…と細胞分裂を繰り返し、子宮に到達する頃には桑の実のような形にまで変化します。
そして桑実胚と呼ばれるその桑の実のような受精卵が、胞胚に変化し、いよいよ着床(妊娠の成立)という状態になります。
このように妊娠1ヶ月の間に受精卵は驚くほどのスピードで変化をしますが、まだとても小さいため、超音波検査で確認することはできません。

妊娠3週末頃になると、受精卵はタツノオトシゴのような形にまで変化します。
この頃にはすでに、中枢神経や心臓、肝臓など、生命に深く関わる器官の元になる組織がほぼできあがっています。
中枢神経は、将来、脳や脊髄に分かれて発達していくものです。

しかし、妊娠1〜2ヶ月の間は、流産の可能性が高い時期でもあります。
まず受精卵が子宮に着くまでの間に、細胞分裂が十分に行なわれないと着床できません。
その後も超音波検査で胎児の心拍が確認できるころまでは少し心配な時期は続くかもしれません。

赤ちゃんの性別については、実は受精した瞬間に決まっているのです。
性別を決める性染色体にはXとYがあり、卵子の性染色体はXだけですが、精子の性染色体にはXとYがあります。
Xの精子が受精するとXXで赤ちゃんは女の子に、Yの精子が受精するとXYで男の子になります。
しかし、妊娠した時点ですでに性別が決まっているとはいえ、超音波映像で確認できるのはまだ先のことです。

商品説明:妊婦さんのエクササイズプログラム  妊娠中はマタニティビクスで楽しく安全にウェイトコントロール! マタニティビクスは医学的な見地と女性の立場から考えられた、妊娠中・お産・産後に役立つ理想的なプログラムです。体重コントロールのための脂肪燃焼エクササイズや、お産に必要な筋力を養うエクササイズなど、気になる内容がいっぱい。生まれてくる赤ちゃんとママ自身のために、さっそく始めてみましょう! 医学的見地と女性の立場から考えられた、妊娠中、お産、産後に役立つプログラム。 太りすぎを防ぐための脂肪燃焼パートと、お産に必要な筋力を養うエクササイズや妊娠中の身体のトラブル予防のためのエクササイズパート。簡単にできるエクササイズばかりなので、運動に不慣れな方でも大丈夫!毎日エクササイズをして、良いお産をしましょう!! 快適な妊娠生活のためのエクササイズ腰や背中の痛み、便秘、足のトラブルなど、妊婦さんが抱える
さらに詳しい情報はコチラ

★ 妊娠関連商品はこちら ★

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。